2020年09月24日

オールカマー2020検討

【オールカマー 中山芝2200】
今年のオールカマーは10頭の登録で少ないが強いメンバー揃っており楽しみなレースになりそうです。過去にはレイデオロ、ショウナンパンドラ、ゴールドアクターなどが勝っており過去の勝馬のイメージとしては非根幹距離に強い馬、宝塚記念や有馬記念とリンクしやすいといった感じです。
20200924063212484.jpg
【コース特徴】
中山外回りコースを使用するので内回りとは違い、おむすび型の特殊な形になります。3コーナーあたりからのマクリも目立ち、そこでの下りも重なりペースは落ちず、さらには直線の上り坂まであるのでは瞬発力よりも持続力、スタミナ、底力がないとつらいコースになります。

【血統傾向】
スピードの持続力に特長のある馬が好走しています。特にノーザンダンサー系で米国型のヴァイスリージェント系やダンチヒ系、同じく米国型のボールドルーラー系が有力です。あとはタフさに強いロベルト系も好走しています。

【枠順、ローテーション】
過去の好走枠順は勝ち馬は比較的外から出ていますが2,3着なら内枠が好走しています。今年は頭数も少ないのでそこまで気にする必要はないのかもしれません。
好走ローテーションは最も馬券に絡んでいるのは宝塚記念組で夏休んでいる馬の好走が多く、夏の重賞組よりも格のある馬が良いです。

【想定上位人気馬考察】
・1番人気 フィエールマン
父ディープインパクト母父green ture
天皇賞春からの休み明け。ぶっつけでの出走も多くそこは問題ではなさそうです。目標はもちろん先ですが馬券圏内は有力です。ただ中山コースではAJCCでシャケトラに負け、有馬記念は4着とコース相性はそこまでとの判断です。

・2番人気 カレンブーケドール
父ディープインパクト母父scat daddy
オークス、秋華賞、ジャパンカップのG1で2着で勝ちきれないが好走を続けています。春はドバイを目指していましたが開催されずでここが京都記念から期間が空いての出走です。勝ち切れないことも含めて瞬発力不足なのだと思います。そういう意味では今回は合っているのかもしれませんが目標はこちらも先なので仕上がりには注目です。

・3番人気 ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ母父ジャングルポケット
昨年のオールカマー2着馬で同コースのセントライト記念の勝馬です。コース相性はバツグンで今回も横山典弘騎手騎乗になる予定です。
それだけで人気になりそうで今回は妙味のない馬かもしれません。

【注目馬】
ジェネラーノウーノが長期休み明けでなければ狙いたいところなんですが今回はさすがに様子を見るしかないです。他にステイフーリッシュは内枠であれば2、3着あってもいいかなと思います。クレッシェンドラヴは昨年のオールカマー不利がなければ馬券圏内はあったはずです。あとはずっと乗っている内田騎手がどれだけ上手く乗れるかです。
posted by まめごはん at 06:32| Comment(0) | 2020検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

AJCC2020検討

【AJCC 中山芝2200】
20200121184041780.jpg
この時期に限ったことではありませんが中山2200はかなりタフなコースです。瞬発力よりもパワー、小回りに対応する機動力が求められます。


【血統傾向】
過去の傾向から好走種牡馬はサンデー系の中でもスタミナが豊富なマンハッタンカフェ、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、機動力もあるステイゴールド、その系統のドリームジャーニーが好走血統です。
そして母方に欧州系の血のノーザンやロベルト系が入っているとプラス材料だと思います。
【人気馬考察】
・ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ母父ジャングルポケット
3歳時にセントライト記念、一昨年のAJCC、昨年のオールカマーと同コースでの好走は非根幹距離ということもあり、リピーターも多いのでかなりプラスだと思います。血統からも父母父にノーザンテーストがあり機動力に優れています。そして母方にトニービンの欧州系が入っているのでパワーも補っています。後方からの競馬をするタイプですので差し損ねも多く、展開には注意が必要です。

・ブラストワンピース
父ハービンジャー母父キングカメハメハ
一昨年の有馬記念勝ち馬です。前走は凱旋門賞で大敗してここから再始動の一戦になります。成績が極端な馬で2,3着の全くない馬ですので今回デキが悪ければ消しでもいいと思います。

・ステイフーリッシュ
父ステイゴールド母父キングカメハメハ
G1では力が足りず、G2、G3で安定した成績を残しています。早い上がりはなく、立ち回りの上手さ、先行力で勝負する馬です。勝つにはやはりあと一押しの何かが必要だと思います。やはりそれは騎手かと。

【注目馬】
・スティッフェリオ
昨年のオールカマーの勝ち馬です。昨年のレースはG1に果敢に挑戦して着外でしたが今回はメンバーのレベル落ちがありますので好走が見込めます。馬柱が着外ばかりで人気が少しでも落ちればありがたいですm(__)m



最強競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(__)m
posted by まめごはん at 18:41| Comment(0) | 2020検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

愛知杯2020検討

【愛知杯 小倉芝2000】
20200114075908558.jpg


今年は中京ではなく小倉で愛知杯が実施されます。たしか京都競馬場改修の影響だったかと思いますが間違ってたらすいません。というわけで過去のデータなどはあまり参考になりませんのでご注意をm(__)m牝馬限定、ハンデ戦は変わらないので荒れる要素は十分にあります。

【血統傾向】
過去の傾向は意味がないので小倉の芝2000のデータなどを参考にしたいと思います。ここ2年の小倉2000は勝利数はディープインパクト、ハーツクライ産駒が多いですが勝率はキングカメハメハ、ルーラーシップ、エイシンフラッシュのキングマンボ系の方が優秀です。あとは開幕週ですのでそういった面も含めて考えていきます。

【人気馬考察】
・センテリュオ
父ディープインパクト母父エンドスウィープ
前走エリザベス女王杯で勝ちにいっての4着は素直に評価できます。血統はトーセンスターダムの全妹で機動力も備えています。差しタイプですが前走のように前につけることもできるので安定した成績を残しています。ハンデ戦であることを考えると相手の1頭にしておきたい馬です。

・サラキア
父ディープインパクト母父loitas
昨年の朝日杯FS勝ち馬サリオスの半姉です。前走はエリザベス女王杯でしたが少し距離が長い印象もありました。マイルから2000までが範囲で理想は1800な気がします。小回りがどこまで向いているかはしっかり考えて評価しないといけない馬だと思います。そのため枠順次第では評価の上げ下げが必要です。

・パッシングスルー
父ルーラーシップ母父クロフネ 
前走秋華賞は惨敗でした。その前は中山、福島コースで勝っていることから小回りが苦手なわけではなさそうですがフローラステークスを見ているとゆったり走れるコースのほうが良い感じがします。内枠だと評価下げたいです。

【注目馬】
開幕週、ハンデ戦であることから内枠、逃げ馬に注目したいと思います。まだ枠順か出ていないので何とも言えませんが登録段階ではアロハリリー、ランドネあたりは逃げそうなので注目です。



最強競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(__)m
posted by まめごはん at 07:59| Comment(0) | 2020検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする