2020年01月01日

京都金杯2020検討

【京都金杯 京都芝1600外】
20200101145525812.jpg


【血統傾向】
2015〜2017年は毎年キンカメ産駒が馬券に絡んでいます。京都芝1600と言えばディープインパクトのイメージですがハーツクライ、ステイゴールドといったSS系が好走しているのでパワーが少し要求される馬場が多いのかもしれません。

【上位人気馬考察】
今回はカテドラル、ソーグリッタリング、ダイアトニックが抜けた人気になっています。
・1番人気 カテドラル
父ハーツクライ母父ロックオブジブラルタル
前走マイルチャンピオンシップは6着ですが勝ち馬とは0.5秒差で上がり最速で直線不利もあったことから人気になっています。出遅れも多く、差し馬なので届かないことも考慮すれば本命よりは相手筆頭でいいと思います。血統的にはスタミナもあり、前が止まる流れになればしっかり差し込んで来るタイプです。

・2番人気 ソーグリッタリング
父ステイゴールド 母父シンボリクリスエス
前走は不良馬場の影響もあったのか伸びきれず4着でした。好位からしっかり脚を使えるので安定した成績を残しています。軸としては買いやすい馬です。

・3番人気 ダイアトニック
父ロードカナロア母父サンデーサイレンス
1400で好走、1600では勝ち切れないことが多く、距離が不安視されています。外枠引けば軽視、内枠なら相手に買いたいと思います。

【注目馬】
3番人気以内の馬であればソーグリッタリング、その他であれば好走ローテーションのリゲルステークス組のサウンドキアラが面白い一頭だと思います。
posted by まめごはん at 14:55| Comment(0) | 2020検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: