2020年09月24日

オールカマー2020検討

【オールカマー 中山芝2200】
今年のオールカマーは10頭の登録で少ないが強いメンバー揃っており楽しみなレースになりそうです。過去にはレイデオロ、ショウナンパンドラ、ゴールドアクターなどが勝っており過去の勝馬のイメージとしては非根幹距離に強い馬、宝塚記念や有馬記念とリンクしやすいといった感じです。
20200924063212484.jpg
【コース特徴】
中山外回りコースを使用するので内回りとは違い、おむすび型の特殊な形になります。3コーナーあたりからのマクリも目立ち、そこでの下りも重なりペースは落ちず、さらには直線の上り坂まであるのでは瞬発力よりも持続力、スタミナ、底力がないとつらいコースになります。

【血統傾向】
スピードの持続力に特長のある馬が好走しています。特にノーザンダンサー系で米国型のヴァイスリージェント系やダンチヒ系、同じく米国型のボールドルーラー系が有力です。あとはタフさに強いロベルト系も好走しています。

【枠順、ローテーション】
過去の好走枠順は勝ち馬は比較的外から出ていますが2,3着なら内枠が好走しています。今年は頭数も少ないのでそこまで気にする必要はないのかもしれません。
好走ローテーションは最も馬券に絡んでいるのは宝塚記念組で夏休んでいる馬の好走が多く、夏の重賞組よりも格のある馬が良いです。

【想定上位人気馬考察】
・1番人気 フィエールマン
父ディープインパクト母父green ture
天皇賞春からの休み明け。ぶっつけでの出走も多くそこは問題ではなさそうです。目標はもちろん先ですが馬券圏内は有力です。ただ中山コースではAJCCでシャケトラに負け、有馬記念は4着とコース相性はそこまでとの判断です。

・2番人気 カレンブーケドール
父ディープインパクト母父scat daddy
オークス、秋華賞、ジャパンカップのG1で2着で勝ちきれないが好走を続けています。春はドバイを目指していましたが開催されずでここが京都記念から期間が空いての出走です。勝ち切れないことも含めて瞬発力不足なのだと思います。そういう意味では今回は合っているのかもしれませんが目標はこちらも先なので仕上がりには注目です。

・3番人気 ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ母父ジャングルポケット
昨年のオールカマー2着馬で同コースのセントライト記念の勝馬です。コース相性はバツグンで今回も横山典弘騎手騎乗になる予定です。
それだけで人気になりそうで今回は妙味のない馬かもしれません。

【注目馬】
ジェネラーノウーノが長期休み明けでなければ狙いたいところなんですが今回はさすがに様子を見るしかないです。他にステイフーリッシュは内枠であれば2、3着あってもいいかなと思います。クレッシェンドラヴは昨年のオールカマー不利がなければ馬券圏内はあったはずです。あとはずっと乗っている内田騎手がどれだけ上手く乗れるかです。
posted by まめごはん at 06:32| Comment(0) | 2020検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする